事例

株式会社早稲田アカデミー 様

Wi-Fiネットワーク・インテグレーション 「Aerohive」導入事例

株式会社早稲田アカデミー
池袋本社
1975年の創業以来、「本気でやる子を育てる」という一貫した教育理念のもと難関校への圧倒的な合格実績を有し、全国有数の進学塾として知られる早稲田アカデミーは、現在、集団指導型校舎130校、個別指導型校舎23校の合計153校(※)を、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県で展開し、目覚ましい成長を続けている。
また早稲田アカデミーでは、情熱的な学習指導に取り組み、生徒は志望校合格に向け「高い学力」を身に着ることはもちろん、将来困難に立ち憚った時に自分の力で未来を切り拓くことができるように「問題解決力」、「強い精神力」を身につけ成長するよう指導をしている。このような指導方法に加え、生徒やそのご家族に対するきめ細かなサポートも受験に挑む生徒やご家族の強い後ろ盾となり多くの信頼を得ている。
今回、早稲田アカデミーでは、ICTを活用した学習環境と業務効率の向上を目的に、「Wi-Fiネットワーク・インテグレーション Aerohive」を導入した。本ソリューション導入に至った経緯、導入の効果について、株式会社早稲田アカデミー・情報システム課 上席専門職の山口和宏氏にお話を伺った。
(※2018年1月時点)
  • Q1. ご担当者様の所属部署について紹介をお願いします。
早稲田アカデミー情報システム課では、社内業務を支えるシステムの企画・立案・要件設定の他、職員が使用するパソコンの手配やキッティング、パソコンを使用した業務に必要となるソフトウェアの設定など、様々な対応をしています。2017年8月には情報システム課が中心となり社内の中核となる基幹システムを構築し、リリースしました。
  • Q2. Wi-Fiネットワーク・インテグレーション Aerohiveを導入する前の環境をお聞かせ下さい。
全社的に主に有線ネットワークを利用していました。用途は、基幹業務で使用するほか、インターネット・メール・グループウェアなどの情報系基盤や有線・無線に関わらないパソコンを利用した業務全般で使用していました。
唯一、最難関中学受験専門塾「SPICA自由が丘校」には、Wi-Fiネットワークを導入していました。SPICAは、2016年7月に新たに設立した新しいブランドで、「最高品質と最大成果」をテーマとし、従来の形式とは一線を画したハイレベルな環境をご提供する計画があり、そのため全ての教室と部屋、講師室でネットワーク環境を利用する必要がありました。しかし有線では「LAN配線が見える」、「都度、LANケーブルを端末に接続する必要のある」など、SPICAブランドにそぐわないと考え、配線が不要なWi-Fiネットワークをトライアルとして導入しました。
SPICAでは、職員が業務で利用するほか、生徒さんをお迎えに来られた保護者様が自由に利用できるラウンジでもWi-Fiネットワークを利用できるようにしました。ラウンジでは、保護者様向けにタブレットを用意し自由に利用していただけるほか、保護者様自身がお持ちの端末に接続できるWi-Fiネットワークとして整備しておりました。
また、教室での授業では、教材資料をより分かり易く、説明するためインタラクティブプロジェクターを活用し、その接続環境としてWi-Fiネットワークを利用しています。
Wi-Fiネットワークを利用し見えてきた課題
Wi-Fiネットワークを利用し見えてきた課題もあります。当時は、スタンドアロン型のアクセスポイントを導入していたため、SSID(※1)の変更などをする際に都度、現地へ出向く必要があり管理し難いと感じていました。さらに、電波干渉が原因で接続が不安定になることもあり改善を必要としていました。
ちょうど基幹システムを更改し、全校舎の受付窓口業務にタブレットを利用するする計画が持ち上がったため、全校舎へのWi-Fiネットワーク導入を進めることにしました。
  • Q3. Wi-Fiネットワーク・インテグレーション Aerohiveの導入に至った経緯についてお聞かせ下さい。
Wi-Fiネットワークを使用する環境を整えるにあたり、数社から提案をしていただきました。その中で、丸紅OKIネットソリューションズから提案頂いた「Wi-Fiネットワーク・インテグレーション Aerohive」は、導入コストが安く済み、課題となっていたアクセスポイントの一元管理・遠隔保守がHive Managerで解決できることが魅力と感じ、導入を決めました。
Aerohiveの特長は、万が一アクセスポイントを管理するHive Managerの不具合が発生した場合でも、アクセスポイントが協調し、自律型のように動作するので業務の滞りを防げることや、ゲスト用無線LANを社内ネットワークから独立させ、インターネット回線に接続できる、必要に応じてアクセスポイントの拡張が容易にできることです。
今回のWi-Fiネットワークの導入は、今後想定するICTを取り入れた授業を行うための土台です。今後更なるICT 教育の拡充を考えた場合、丸紅OKIネットソリューションズから提案頂いた「Wi-Fiネットワーク・インテグレーション Aerohive」は、非常に、魅力的でした。
  • Q4. Wi-Fiネットワーク・インテグレーション Aerohive導入後の効果についてお聞かせ下さい。
導入にあたり、既存のネットワークは他社のネットワークを使用しているため、構築時に何らかの影響が出るだろうと思いましたが、ルータの設定変更のみで既存のネットワークに影響することなくスムーズに導入できました。
効果1:アクセスポイントの一元管理
アクセスポイントを一元管理できるHive Managerの利便性は絶大でした。約300台のアクセスポイントの状態をリアルタイムに確認し即時対応ができますので、運用にかかる手間を大幅に軽減することができました。課題となっていたSSIDの設定も拠点ごとに適切に対応することができ、電波干渉による接続の不具合もHive Managerからチャネルの変更をすることで迅速に対応することができました。
効果2:業務の効率化とペーパーレスを実現
Wi-Fiネットワークを整備したことで、当初の計画にあった受付窓口業務でのタブレット導入を推進することができました。各校舎の受付窓口には、生徒さんに記入していただく「お問い合わせカード」を設置していました。以前は、生徒さんが記入した紙を受付の職員が受けとり、その内容をシステムに登録するといった作業を行っており、職員に業務負荷がかかっておりました。
現在は、生徒さんがタブレットに直接入力し、その内容は直接システムに送られるようになり、作業を簡素化することができました。
従来は紙で行っていた入学や講習の紹介、手続きや決済もタブレットを用い電子化することで、内容を分かり易く案内することができスムーズに対応ができるようになりました。また、ペーパーレス化することで、職員の作業効率も向上したように感じられます。
効果3:意識の向上
職員からWi-Fiネットワークへの接続やタブレットに関する質問も多々ありますが、Hive Managerからアクセスポイントの接続状況を確認しても利用されていることが分かりますので、皆さん意欲的に利用しているのではないかと思います。
Wi-Fiネットワークの整備は、さまざまな部署で、さまざまな業務への活用や利用が進むようになりました。
  • Q5. 今後希望する点についてお聞かせ下さい。
今後は、校舎事務室での無線LAN環境利用をさらに促進し、快適なPC環境を提供できるようにしたいと考えています。丸紅OKIネットソリューションズには今後も引き続き、様々な分野でのご提案・ご協力をお願いしたいと思っております。
  • Q6. 今後の展望についてお聞かせ下さい。
教育関連事業のコアである学習塾部門において、さらに品質を上げ、指導システム面においても圧倒的な差別化を図ることを中長期目標に置いております。
教育本部では指導システム・カリキュラムの改善、教材・マニュアルの開発・整備に取り組み、教育事業本部では授業品質向上のための講師指導、成績向上のための環境づくりを行っております。これらを行う中で、ICT環境は欠かせないものとなります。
多様化するお客様のニーズに最高の結果で応えることを追求し更なるICT環境の拡充を図って行きたいと考えております。
  • システム概要
本社、校舎を合わせ、157拠点に無線LAN AP Aerohiveを299台設置。
データセンタ内にプライベートクラウド環境を新たに構築。
データセンタラック内に認証装置「Account@Adapter」を設置し、管理サービス「Hive Manager」をインストール。
【システム構成】
※1:SSID 無線LANのアクセスポイントを識別するための名前

企業プロフィール

会社名
株式会社早稲田アカデミー
URL
https://www.waseda-ac.co.jp/
所在地
〒171-0014 東京都豊島区池袋二丁目53番7号
事業内容
小学生・中学生・高校生を対象とする進学塾の経営等
校舎数
161校(2018年3月/早稲田アカデミー153校 野田学園2校 水戸アカデミー2校 集学舎4校)

掲載ソリューション情報

WiFiネットワーク・インテグレーション 「Aerohive」
Aerohiveは、完全コントローラレス・コラボレーション型Wi-Fiアーキテクチャーを採用した拡張性の高いクラウドWiFiソリューションです。 強固なセキュリティ、ポリシーの実行による信頼性の高いWiFiネットワークを、小規模から始め、無限に拡張することが可能です。


お問い合わせ
資料請求、疑問、質問などにお答えいたします。お気軽にご相談下さい。
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • ページの先頭へ戻る